土のぬくもりを感じる茶碗

 

みなさまこんにちは。

いつもKSTYLEブログをご覧頂きまして、ありがとうございます!

 

いつの間にか肌寒くなり、季節は秋になりましたね。

読書の秋、スポーツの秋、、さまざまな秋がありますが、

そのなかでも食欲の秋にフォーカスしておすすめしたい商品がこちら!

 

日本の食卓には欠かせない、お茶碗です!

 

日本にある陶磁器の産地は60以上、窯元は4000以上ともいわれています。

その中でも伝統工芸品に指定されている産地から

10の産地・窯元よりご紹介いたします。

 

左から 伊賀焼(三重県)/萬古焼(三重県)/美濃焼(岐阜県)

 

左から 笠間焼(茨城県)/小石原焼(福岡県)/丹波立杭焼(兵庫県)

 

左から 信楽焼(滋賀県)/益子焼(栃木県)/波佐見焼(長崎県)/有田焼(佐賀県)

 

産地によってさまざまな、特徴も違ったお茶碗たち。

器を変えるだけで、食事の時間もより楽しいものになること間違いなし!

新米のこの季節、お茶碗も新調してみてはいかがでしょうか?

 

合わせて使いたいお箸やお箸置き、

汁椀やランチョンマットなども、取り揃えております!

 

 

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

 


 

10月の営業についてはこちら

 

instagram

Twitter

↑日々更新中!フォローお待ちしております!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップに戻る