2020年10月30日

室内で育てられるおすすめ観葉植物

 

みなさまこんにちは!

いつもKSTYLEブログご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、室内で楽しんでいただける冬でも育てやすい植物をご紹介します。

 

ペペロミア(スイカペペ)

100以上の種類がある植物。

当店では、葉の形が特徴の「スイカペペ」が人気の種類です。

耐陰性:△  明るすぎず、暗すぎない場所がおすすめ!「明るい日影」に置くのがベスト!

耐寒性:×  (耐寒温度:10℃)

乾燥:◯  冬は土が乾いてから2~3日後の水やりがベスト!

エアコンの風が直接当たらない場所に置くのがおすすめです。

 

ガジュマル

沖縄などでよく見かけられる植物。

特徴的なフォルムが人気のひみつです!

耐陰性:×  日光が大好きなので、窓辺など日が当たる場所がベストポジション!

耐寒性:△  (耐温:5℃) 霜が降りないよう冬は要注意。

乾燥:◯  冬は成長が鈍くなるので、根腐れ防止のために土の乾燥具合を見てお水をあげてください。

日影に置くと葉が落ちてしまうので、お部屋で一番日の当たる場所に置くのがおすすめです!

 

アビス

最近入荷したばかりのニューフェイス!

ヒダの付いた葉が広がっているのが特徴の植物。

耐陰性:○  少し暗い場所でも十分に育ちますが、「明るい日影」がおすすめスボットです!

耐寒性:△  冬場の水やりを少なくすると、樹液が濃くなり耐寒性がUP

乾燥:◯  冬は土の表面が乾いてから2~3日後の水やりがベスト!

常緑樹ですがもし葉が茶色く変色した場合は、茎の根元から切ってお手入れしてください。

 

今回紹介した植物たちは、冬に成長が鈍くなるものが多いですが、

成長期間である春~秋の間は土の乾き具合を見て、たっぷりお水をあげてください!

 

当店には紹介した植物の他にも個性的なものをご用意しています。

気になるものがあれば、スタッフにお声掛けください

 

みなさまのご来店、お待ちしております。

 


 

10月の営業についてはこちら

 

instagram

Twitter

↑日々更新中!フォローお待ちしております!

 

 

ページトップに戻る