675 CHAIR のご紹介

みなさん

こんにちは

 

今日は先日からお店に並んでいます、

675 CHAIR についてご紹介します

IMG_9906

2006年設立のイギリスの家具メーカー「CASE FURNITURE」

ROBIN DAYによる1952年のデザイン。

有機的に曲げられた成型合板ではなく、あくまで直線を意識しながらも、

背もたれからアームにかけて美しいラインを描き出し、かつ高い座り心地を実現した。

ファブリックタイプには古くからROBIN DAYと親交が深く、ともに商品開発を行っていた

MOURNE TEXTILESによる、白黒のMORNE CHECK柄を採用。当時、ROBIN DAYのためだけに製造されていた柄。

”イギリスのイームズ”と称されることもあり、その斬新な素材の使い方とデザインは、

新しい風をデザイン界に吹き込んだ。

 

675CHAIR675CHAIR2

ちょっと固い表現ですが、

 

つまりは、

 

レザーファブリックの2種類の座面が選べ、

 

デザインに優れ、

 

すわり心地も良く、

 

モダンテイストな椅子

 

ということになります

是非皆さん

675 CHAIR を見に、座りに来てください

お待ちしております!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップに戻る